栗林健太郎の紹介
ソフトウェアエンジニア

栗林 健太郎(くりばやし けんたろう)

東京都立大学法学部政治学科において、日本政治史および行政学を学ぶ。大学卒業後、奄美市役所勤務を経て、ソフトウェアエンジニアに転じた。

2008年5月、株式会社はてなにWebアプリケーションエンジニアとして入社。開発言語としては主にPerl5を用い、はてなダイアリー、ポータルサイト、はてなブックマークなどのサービス開発とともに、新サービスの開発にも従事した。

2012年5月、株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ株式会社)に技術基盤整備エンジニアとして入社。開発言語としては主にRuby、Goを用いた全社的な技術基盤の整備の他、Ruby on RailsやPHPで書かれたサービスの開発にも従事した。また、開発プロセスの改善にも取り組み、リーンプロセスやスクラムの導入にも寄与した。

2014年8月以降、GMOペパボ株式会社の技術責任者、のちに執行役員CTOとして、技術全般に責任を持つ立場で勤務している。技術者組織のマネジメントの他、全社のインフラ基盤をオンプレミスからOpenStackを用いたプライベートクラウドへの移行を推進する等している。


現在の所属


連絡先


SNSなど


経歴


執筆・発表歴

書籍


商業誌


発表(国外)


発表(国内)


メディア掲載


公開している開発物


管理しているWebサイト


資格・検定


ブログ

マネジメントに関連する記事のうち、広く読まれたもの(はてなブックマーク数100以上)のもののみ掲載。